脱毛エステの危険性をしっかりと理解する

脱毛エステが医師法違反で捕まるケースは多々あるので、
ご存知の方も多いでしょう。
それはあくまでも個別に対応するという形でしたが、
最近では脱毛エステ業界が問題になりつつあります。

その背景にあるのは、施術者の肌トラブルが頻繁に起こったことです。

脱毛エステというのは、医学的な知識も資格もない
ただのド素人です。
また、脱毛は、医師免許を持つものや医療機関でなくては行えないとされています。

脱毛の定義は、毛乳頭を破格することですが、
脱毛エステの脱毛器はパワーが弱く、確かに毛乳頭を破壊はしないのですが、
何らかの脱毛効果はあるので、脱毛行為にあたるのではないのかと言われております。

ここで問題なのは、エステは脱毛効果が弱い上、肌トラブルばかり起こるので、
今問題になっています。
しかも、100円や500円で脱毛できますとアピールして、
実際は数十万円の契約をさせらえるという事も問題になっております。

脱毛エステは、莫大な広告費を使い宣伝していますので、
多くのサイトは良いことずくめの紹介しかしませんが、
脱毛できるのは医療機関だけです。
つまり、医療脱毛が本当の脱毛ということになります。
⇒医療脱毛

しかし、安さにつられてエステを選択してしまう方が多いので、
様々な問題になります。
どんなに安くても脱毛効果がなければ意味はありません。
最悪は、脱毛できない上、火傷やシミなどの
トラブルだけ起こしてしまう場合もあります。
安いといっても最終的には10万円以上はしてしまいます。

ですから、脱毛したければ、
クリニックや皮膚科にいって行ってください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.